理学療法士の給料

理学療法士の給料

理学療法士の給料は看護師と同等と考えればよいでしょう。
ただし、勤務する時間が少ない場合があるのと診療報酬で理学療法士がいなければ減算しないといけないといったルールはないので、多少人手が足りなくても場合によっては看護師がフォローすることでリハビリができる場合もあります。

 

このように診療報酬で目に見える形で評価していない面があるため、その給料が低いと感じる理学療法士は多く、リハビリへの評価を認めて欲しいという潜在的な思いはあるようです。

 

理学療法士はその職に就くまでいろいろなルートが考えられますが、人によっては大学の医学部などからなる人もいますし、専門学校を卒業してなる人もいます。
なる過程が様々であることも特徴の一つなので、給料に対するそれぞれの考え方や立ち居地が違ってきます。
医学部出身だと苦労した割りに安いと思う人もいるでしょうし、専門学校から理学療法士になった人は思ったよりも高いと感じることもあるでしょう。

 

介護にしても医療にしても、リハビリの重要性は高まっているはずなのにその正当な評価をされていないという不満が現場にはあるようです。
看護師や医師のように政治に対して物を言う人がいないことも原因ではないかという説もあります。

おすすめ理学療法士PT求人サイト