理学療法士になるには

理学療法士になるには

理学療法士は、生まれつき身体不自由がある人や病気や事故によって身体に不自由が出た人に対して身体の基本的な機能の回復をサポートする仕事です。
例えば、座る、立つといった基本動作や寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くといった日常生活を送るうえで、欠かすことができない動作の改善を専門に行います。
この、理学療法士になるには、国家資格を取得する必要があります。
誰にでも受験資格があるわけではなく、高校を卒業後、国が指定した大学や短大、専門学校などの養成校にて3年間学び、卒業することで受験資格がもらえます。
養成校は全国各地にあります。
そして国家試験を合格すれば、晴れて、理学療法士として働くことができます。
勤務先は、病院や老人保健施設などのほかにも、スポーツ選手のトレーナーとして活躍している人もいます。
一般的なイメージとして、「スポーツのリハビリ」を思い浮かべる方が多いでしょう。
スポーツでの骨折やケガによる基本動作を回復させるために運動・物理療法を行います。
また、理学療法士の中には作業療法士のを取得している人もいます。
どちらかを持っていると、一方のを取得しようとする時に、学校での単位の免除が受けられることも多いです。

おすすめ理学療法士PT求人サイト