理学療法士の仕事とは

理学療法士の仕事とは

理学療法士の仕事というと、すぐにリハビリなどを思い浮かべる方も多いでしょう。
もちろん、身体に障害を抱えた方に対するリハビリテーションは理学療法士の重要な仕事です。
もちろんそれが中心となるのですが、他にも理学療法士の仕事はたくさんあります。

 

車椅子や杖などの使用を提言したり、手すりなどの設置や浴室、トイレの改装などを助言するのも理学療法士の大切な仕事です。
最近では、生活習慣の改善や予防などが重視されていることから、生活習慣病予防のための運動やアドバイスなども行うことが多くなってきています。
また、自宅でリハビリを行いたいというの人のニーズに対応することも多いのです。

 

理学療法士の仕事の手順としては、患者さんの運動や呼吸器などの能力を検査する評価の段階があり、各種の情報から患者さんの一人一人にあった治療プログラムを作成します。
そして実際のリハビリへと入っていくのです。

 

リハビリでメインとなってくるのが運動療法です。
また、関節の動きが悪かったり、痛みがある場合などは物理療法なども行っていきます。
ただリハビリするだけではなく、モチベーションを高めたり、不安を取り除いたり、心の支えとなってあげたりすることも、理学療法士の重要な仕事の一つです。
リハビリだけではなく、精神面のサポートも大事なので、非常にやりがいのある職業です。

おすすめ理学療法士PT求人サイト