理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士と作業療法士は、名前は聞いたことがあるけれど、それぞれどのようなことを行うのか、どのような違いがあるのかを詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。
最近は、医療だけでなく福祉の場でも活躍が期待されているこの2つの専門家の違いを紹介します。

 

理学療法士は、座る、立つ、起きる、など日常生活に必要な基本的な動作を行うことができるように身体の機能回復のサポートを行っています。
日常生活の基本動作の改善を行うことから動作の専門家とも呼ばれています。
スポーツや事故で体を壊してしまった方のリハビリや加齢で体の機能が衰えてしまった方の機能回復などを行っています。

 

作業療法士は、食事をする、入浴をする、着替えをする、など日常生活を送るために必要な機能の回復をサポートしています。
日常生活に必要な基本的な機能だけでなく、仕事や学習能力を高めるためのサポートや手先を動かして何かを作ることのサポートなども行っています。
また、体だけでなく、うつ病や統合失調症など、心に障害がある方のサポートも行っています。

 

作業療法士は、理学療法士の後を引き継いで療法を行うことも多く、2つの専門家が連携して患者さんの体や心の機能回復のため医療や福祉の場で活躍をしています。

おすすめ理学療法士PT求人サイト